佐々木大樹 Offical Website

TOP > Results:Racing Kart(2012 season)

Results:Racing Kart(2012 season)

results

2012 world karting championship at Suzuka

土曜日-日曜日
  • ・土曜日 QF:総合1位  決勝1:2位  決勝2:2位
  • ・日曜日 QF:総合2位  決勝3:4位  決勝4:2位
・練習走行

今年は、初めて世界選手権にフル参戦をすることができるようになりました。そして、チームもヨーロッパのトップチームから参戦できるということで、非常にわくわくした気持ちで、レースウィークにのぞみました。

メカニックとのコミュニケーションなど、初めて英語を用いてレースウィークを過ごしていくということで不安もありましたが、積極的にコミュニケーションをとることを心掛けていきました。

走り始めから、車の調子もエンジンの調子も良かったので、自分の走り方などをしっかり練習していきました。タイムとしては、総合トップタイムで終わることができ、レースに非常に期待のもてる練習走行となりました。

チームの監督やメカニック、チームメートともしっかりコミュニケーションをとることができて、チーム一丸となって優勝するぞという雰囲気を作ることができ、いい流れで決勝日を迎えることができました。

・土曜日

土曜日は、タイムトライアルおよび、決勝のグリッドを決める予選ヒートが二回、決勝ヒートが二回行われました。

自分の調子は良かったので、自信をもってレースにのぞみました。タイムトライアルでは、しっかり自分の走りをすることができて、ポールポジションを獲得することができました。世界選手権という大きな舞台でポールポジションを獲得できたというのは、世界のドライバーに自分の存在をアピールできて、非常に良かったと思います。

そのあとの予選ヒートは、しっかりエンジンの調整やシャーシの調整を頭に入れつつ、冷静にレースを行っていきました。一つ目の予選ヒートを2番でゴールして、二回目はスタート時に追突されてしまい大きく順位を落としてしまいましたが、決勝を12番でスタートできることになりました。

決勝の一回目は、12番スタートということもあって、非常に難しいレースでした。でも、非常に自分のペースが速くて、どんどん前の車を抜かしていきました。このレースに作戦などはなくて、とにかく一台でも前でゴールすることだけを考えて走りました。最終的に2位まで追い上げることができ、ファステストラップも取ることができました。1レース目で、しっかり表彰台まで自分を持っていけたことは、非常に良かったと思います。開幕戦でいい流れを作れたことで、チームの雰囲気も良くなり、もっと優勝へ近づけたなと思いました。

決勝2回目は2番手スタートから、一周目で1位に上がることができました。そのあと2位の選手に抜かれた時、その選手がミスしたところに追突してしまい、ハーフスピンをしてしまいました。そして、8位まで順位を落としてしまいましたが、そこからまた追い上げて2位でゴールすることができました。勝てるレースを落としてしまったのは非常に悔しい気持ちですが、しっかり2回とも表彰台を獲得できたことはチャンピオンシップを考えると良かったと思います。

・日曜日

前日と同じようなスケジュールで、レースが行われていきました。タイムトライアルは2位、予選を1位と4位でゴールし、決勝ヒートを3番からスタートできることとなりました。

決勝の一回目が始まると、自分のペースが明らかに周りの選手より速いと分かりました。なので、あせらずに着実に順位を上げていきました。トップの選手を抜いて、自分がトップにあがってからは、後ろを気にせずに、しっかり集中して走ることだけを心掛けていきました。世界選手権のトップゴールを果たすことができ、非常に嬉しかったです。残念ながら、レース終了後にもったいないペナルティーをもらってしまいましたが、非常に良いレースができたなと思います。

決勝の二回目は、スタートで順位を大きく下げてしまいましたが、あきらめずにトップ集団を追いかけていきました。ラスト三周くらいでトップグループに追いつき、最終ラップでトップにあがることができました。しかし、また後方の選手に追突されてしまい、結局2位でレースを終えました。

今回のレースは、幸運もあり、不運もありというレースでしたが、最終的に世界ランキング二位でいられたので、次につなげることができたと思います。

マカオのレース次第で、世界チャンピオンになることは十分に可能なので、しっかりマカオのレースに向けて、調整していきたいと思います。

写真:レースの模様
写真:レースの模様
写真:レースの模様
写真:レースの模様